ワイン別

コスパ最高!安くて美味しいの選び方とおすすめの赤ワイン5選【初中級者必見】

赤ワイン 安い コスパ
Pocket

「安くて美味しいコスパの良いワインが飲みたい!でもどうやって選べばいいんだろう…」

と思った経験がある人は多いと思います。

そこで今回は安くて美味しい赤ワインの選び方や安くて普段飲むのにおすすめのワインを紹介します。

この記事はコスパの良い赤ワインを飲みたい全ての人です。

安くて美味しい赤ワインの3つ選び方

ブドウの品種で選ぶ

ワインの原料はブドウですが、そのブドウにも多くの種類があり、味や香り、酸味、渋みなどその特徴はそれぞれ違います。

なので、ブドウの品種の味や香りなどの特徴を知ると、自分の好みにあったブドウを知ることができ、自分の好きなワインを選びやすくなります

今回は代表的な3品種を紹介します。

カベルネ・ソーヴィニヨン

20161111313-03

写真の引用元:Mellow

この品種は「ワインの王様」と呼ばれ有名です。

ブルーベリーのような香りと渋みのもとであるタンニン、酸味が力強く、コクがある品種です。

メルロー

写真の引用元:Wine Bazaar

カベルネ・ソーヴィニヨンと比べると渋みと酸味が穏やかです。

またプラムやブラックチェリーのような香りで、なめらかな味わいです。

この品種のワインは飲みやすく女性や初心者におすすめです。

ピノ・ノワール

写真の引用元:Wine Bazaar

この品種は渋みが少なく、酸味が強イチゴやチェリーのような香りがし、フルーティな味わいです。

気候や作る人によって影響を受けやすく、楽しみ方が多い品種であるのも特徴です。

産地で選ぶ

産地もワイン選びの重要な要素です。

なぜなら、産地によって気候やその土壌の影響を受け使われているブドウの品種に特徴(上で述べたように品種によって味や香りなどの特徴があります)があります。

また、ブドウの品種はおなじでもその土地の影響を受けてワインに風味や香り、味などに異なる特徴が出ます。

なので、ブドウの品種と同様に産地の特徴を知ることで、その土地のワインの特徴がわかり、自分の好みに合ったワインの産地が分かります。

そして結果として、自分の好きなワインを選びやすくなります。

フランス

エッフェル塔, パリ, フランス, 旅行, タワー, アーキテクチャ, 観光, ランドマーク, 市, 有名な

フランスのワインは主にボルドー地方ブルゴーニュ地方に分けられます。

ボルドー地方複数をブレンドしたワインで、ブランドによって特徴はそれぞれです。

タンニンが強めで、濃厚な味わいが特徴です。

ブルゴーニュ地方1つの品種のブドウを使用したワインが特徴です。

赤ワインでは主にピノ・ノワールが使用されています。

イタリア

Piza, 食品, チーズ, プレート, 昼食, 飢えた, 野菜, イタリア, スナック

温暖な気候だけでなく、イタリアにはワイン造りに最適な環境が整っています。

高級なワインからデイリーワインまで幅広いバリエーションがあるのが特徴です。

アメリカ

ゴールデン ゲート ブリッジ, カリフォルニア州, ブリッジ, San, サンフランシスコ, アーキテクチャ

アメリカで生産されるワインの9割はカリフォルニア産のワインです。

平均気温が高いため、熟しやすく糖度が高いのが特徴です。

そのため、フルーティなワインを楽しめるのが魅力です。

相手の好きな料理のタイプで選ぶ

ワインを選ぶときに「好きな料理・おつまみ」を知っていることも重要です。

なぜならワインの世界では合わせる料理との相性が重要視されているからです。

そこで、贈る人の好きな料理・おつまみのタイプから逆算してワインを選ぶ方法が有効になってきます。

肉料理が好きな人には赤ワインがおすすめです。

特に「フルボディ」の赤ワインがっつりした肉料理が好きな方におすすめです。

ちなみに「ボディ」とはそのワインの香りや味の複雑さを指します。

「ボディ」は主に3種類に分けられます。

まず「フルボディ」です。

「フルボディ」は渋みや香り、味が強く、色が濃いのが特徴です。

次に「ライトボディ」です。

「ライトボディ」は言葉通り「フルボディ」とは真逆の性質を持っています。

フルボディに比べてのみやすいため、ワインの渋みが苦手という方やワイン初心者の方におすすめです。

最後の「ミディアムボディ」は上の2つのボディの中間で、渋みや香り、味がちょうど良いといえる赤ワインが多いです。

安くて普段飲みに最適!1,000円前後のおすすめの赤ワイン5選

日本食とも合う!フルーティな味わいのチリワイン『エコ・バランス ピノ・ノワール』

購入はこちらから

フルーティな味わいで、後味に凝縮感が残るのが特徴です。

白身魚や魚介類、生ハム、日本食ならお寿司との相性がいいです。

産地チリ
フレイバーミディアムボディ
品種ピノ・ノワール
値段1,523円(税込)

詳しくはこちら

このワインの口コミ

親しみやすいピノ・ノワール。ミディアムボディですが、口当たりが軽く、するする飲めます。香りも広がるし、意外と余韻もあって、この価格のピノ・ノワールとしてはすごくいいと思います。コスパ最高です。
引用元:楽天

ピノとしては値段なりの味というか、期待値を下回った感じ。
嗜好品なのであくまで個人的にですが、残念。
引用元:アマゾン

お手頃価格とコメントに引かれて購入!
普通に美味しかったですが、深いワインが好きな私たちには少々もの足りませんでした。
引用元:楽天

イタリアで人気の甘口ワイン!イチゴのような味と香りが楽しめる『カビッキオーリ ランブルスコ ロッソ ドルチェ イタリア スパークリング』 

購入はこちらから

このワインはイチゴのような味と香りが特徴です。

また、天然炭酸水と7:3で割って飲む飲み方がイタリアで、フルーツタルトのようなスイーツとの相性もいいです。

産地イタリア
フレイバー甘口
品種グラスパロッサ フォルターナ マルボジェンテーレ
値段1,280円(税込)

詳しくはこちら

このワインの口コミ

お嫁さんが甘口のスパークリングワインが好きなのですが、なかなか見つからず、これにたどり着きました。アルコール度数も低くて直ぐに飲みきってしまいます。
引用元:アマゾン

期待していたのですが、、、。
至ってお値段の通り、普通でした。
引用元:アマゾン

これはこれでそれなりにおいしい。
ただ、どっちかといえば、少し高くなるがアマービレの方を買った方がよい。
引用元:楽天

フランス発!どんな料理にも合わせやすい、フルーティなワイン『ペイ ドック ルージュ M.シャプティエ』

購入はこちらから

このワインは果実味がしっかりしていて、飲みやすいフランス産のワインです。

比較的にどんな料理とも合わせやすくコストパフォーマンスが高いのが特徴です。

産地フランス
フレイバーミディアムボディ
品種グルナッシュ 54%/シラー 46%
値段1,111円(税込)

詳しくはこちら

このワインの口コミ

渋みや甘みはあまり強くない。
スッキリとして酸味の勝った、飲みやすいワイン。
馬刺に合わせたがとても良かった。
引用元:アマゾン

ラングドックの赤。 グルナッシュ、シラー。 やや苦手な品種ですが、グラスの赤としてスタンダードなタイプ。 ラングドックは個性を見つけるのが難しい。 
引用元:Viniva

近所のスーパーのワイン20%OFF デーだったので、シャプティエ2本買ってみました。
1本目はペイドック。 黒果実系のしっかりした味わいで旨いです!
酸が少し刺激的な気がしますが、お値段込みでさすがはシャプティエさん!!
エルミタージュ飲んでみたいなぁ。。。
引用元:Viniva

人気ワイン漫画『神の雫』でも紹介!スペイン産フルボディワインの『エヴォディア』

購入はこちらから

このワインはスペインで生産されたワインで、降水量が少なく樹齢の高い木から栽培されたブドウをしようしているため、シッカリとした果実感を感じられるのが特徴です。

2008年のヴィンテージは人気ワイン漫画「神の雫」でも紹介されています。

産地スペイン
フレイバーフルボディ
品種グルナッシュ
値段1,311円(税込)

詳しくはこちら

このワインの口コミ

家飲み用のワインはいつもセットのものを購入していますが、その中で驚くほど美味しいワインがありました。
それがこのワインです。
値段を見るとテーブルワインと同じくらいなのに、お店で飲んだらきっと高いワインとも劣らないほどの美味しさでした。
なので、しばらくはこのエヴォディアをリピ買いしようと思っております。
引用元:アマゾン

高評価が多いので購入してみましたが、なんとも言えない複雑な味。
好みが分かれると思います。
リピートは無いと思いますが、もし機会があれば常温で飲んでみたい
引用元:アマゾン

「重めな赤が好きな人向け」と聞いてはじめて購入したが、ボルドー・フルボディ好きな自分には甘すぎてちょっと好みには合わなかった。
ワインの品質は悪くないと思いました。
引用元:楽天

スーパーでも買える!コスパ最強のチリワイン『コノスル ピノ・ノワール ビシクレタ レゼルバ ヴァラエタル 』

購入はこちらから

このワインは常に時代を先取りするといわれているワイン生産者「コスノル」のワインです。

鮮烈なチェリーの香りが印象的で、渋みと酸味のバランスがいいです。

また、近くのスーパーでも頻繁に販売しているのが特徴です。

その値段からコスパに優れたワインとしても有名です。

産地チリ
フレイバーミディアムボディ
品種ピノ・ノワール
値段754円(税込)

詳しくはこちら

肯定的な意見

コノスルのワインは手ごろですが、味がしっかりしてどれも美味しいです。
シラーやメルロー、ピノ等とても美味しく、何回も購入しております。
ほかのワインもたまに飲んだりしますが、結局、コノスルに帰ってきます。
これからも飲み続けます。
引用元:アマゾン

新大陸のピノノアールには期待していませんでしたが、試しに1本購入しました。
残念乍、不味いわけではありませんが、新大陸らしく後味に甘さが残ります。
いくら安価でも、いただけません。
リピートはしません。
引用元:楽天

白のゲヴュルツトラミネールがびっくりするくらい美味しかったので期待しましたが、普通です。
お値段なりの、ピノ・ノワール。
普段に飲むには充分だと思います。
くせのない、飲みやすい味です。
引用元:アマゾン

【知識をつけたい人向け】ブドウの品種と産地の補足情報

おすすめのワインで使われているブドウの品種について

シラー

この品種はフランスとオーストラリアで多く栽培されている品種です。

オーストラリアでは「シラーズ」と呼ばれています。

スパイシーな香りが特徴で、エスニック料理などのスパイスが聞いた料理との相性が抜群です。

グルナッシュ

この品種はフルーティな味わいとこの品種とやわらかい口当たりが特徴です。

ブレンドされてもこうしたグルナッシュが持っている特徴を発揮してくれます。

ブレンドワイン

最後にブレンドワインです。

これはワイナリーが複数のワインの品種を独自に配合したものです。

年ごとのバラツキをなくすため年ごとに改良されており、バランスの良いワインになるのが特徴です。

おすすめのワインの生産地について

スペイン

アメリカと同様に平均気温が高いため、熟しやすく糖度が高いフルーティなワインを楽しめるのが特徴です。

チリ

チリは気候に恵まれていて、品質の安定したワインを生産しています。

ブドウには主に1品種が使われていて味がはっきりしているのが特徴です。

まとめ

今回は安くて美味しい赤ワインの選び方と安くて普段飲むのに最適なおすすめのワインを紹介しました。

この記事がコスパの良い赤ワインを飲みたい全ての人の参考になれば嬉しいです。

あなたのワインライフが豊かになる事を願っています。